<   2015年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

f0199899_22171337.jpg


V.A/Five Way Split
アメリカのテープ専門レーベルKEEP IT TOGETHERよりリリースされた日本国内5バンドによるスプリットテープ音源!empire!empire!(I was a lonely estate)、joie de vivre、ENEMIESのテープリリース、またmalegoat、LOW-PASS、LITEなど日本のバンドまで積極的にリリースするUSのKEEP IT TOGETHERからさらなる日本バンド作品が完成。しかも今作は別フォーマット無し、このテープオンリーのオリジナル作品となっております。AKUTAGAWAのメンバーも在籍、suis la luneやkid crashなどを中心にアメリカ、ヨーロッパで一時盛り上がりを見せた近代的な激情ハードコアblue friend。音楽につれて、November distroなどを運営するメンバーによって結成、Dischord界隈の緊張感溢れるダークなバンドの影響色濃いスリーピースバンドfrom ten to nine。大阪にて活動、suis la lune、lost in bazaarなどヨーロッパらしい音色でさらにドラムボーカル、スリーピースという独特なアプローチを見せる激情バンド、cofun。現在は改名し、she songとして活動中、90's emoや国内のオルタナ、インディーロックをベースに、聴き馴染みの良いポップなメロディをブレンドさせた彼方遥。cofunのリズム隊2人が在籍、元インストバンドから編成が変わり打ち込み、VJなども交えながら轟音の激情サウンドを鳴らす京都のnone but air。各バンドローカルに活動しながら新世代でリンクした5バンドによるスプリット!blue friend、cofun、none but airが各2曲、from ten to nineが1曲、彼方遥が3曲、合計10曲を収録。300本限定リリース、日本に入ってくる本数も限られているみたいです。同内容のCD-R付属です!
bandcamp(全曲試聴可能)
blue friendライブ映像
from ten to nineライブ映像
cofunライブ映像
彼方遥ライブ映像
none but airライブ映像
[PR]
by with_one_accord | 2015-04-28 22:17 | 作品情報
f0199899_22152117.jpg


京都の脳ミソを溶かし続けるスカムハードコアパンク!odd eyesファーストアルバム!!サラダバー大好き岡村くんを中心に、神谷くん、かっちゃん、ポイズンの4人で結成。パンク、ハードコア、メロディック、オルタナとジャンルレスに京都を席巻、単独テープをリリースしたところで岡村くん以外の3人が脱退。その後、名古屋からJET SETに通うためだけに京都にやってきたシュウトくん(DJ whatmanでもある)、ポンコツモッシュツインドラムス(交代制)小田くん、杉本くん、同志社の異端児キンちゃん、Hi,how are you?にて歌を歌うハラダくんなどが加入、ピンボーカルスタイルからツインボーカル、さらにはトリプルボーカルからまたツインボーカルとメンバー加入脱退ごとにメンバー内で編成、体制を変えながらも京都にてさらにジャンルレスに、様々なイベントに姿を現し、スタジオライブ、ボロフェスタ、感染ライブ、自主企画と活動のレンジを広げ、もはや京都の欠かせない存在に。さらに今年に入りハラダくんが脱退、オリジナルメンバーのポイズンがまさかのカムバック、という流れで現在の6人体制へ、そして今作が完成。とにかく前のめりでポンコツなリズム隊、ギターはペナペナ、なのに耳にしっかりと残って気持ち良い。ポイズンの歌はバンドのコミカルでキャッチーな部分を担い、シュウトくんの歌はハードコアの攻撃性、NICE VIEW、THE ACT WE ACTなどかつて彼が近くで触れていた名古屋のハードコアパンクらしい言葉の力を感じる。ライブではずっとお馴染みの「nnmnpunks」、「tepodon」を始め、スプリットテープなどにも収録されていた「SST」、minor threatアレンジカバーの「out of (my)step」、交流深いバンドのボーカリスト達をゲストに迎えた冒頭の「うるさい友達」などひねくれながらも真っ直ぐで、激しくポップな13曲。今まで京都に無かった音楽なのに、なぜだかとっても京都らしいニューパンクミュージック!音楽1番好きな人が1番かっこいいって昔からずっと信じてて、今も思ってるけど改めて間違ってないよなってodd eyesを見てると思うんです。
myspace
ライブ映像
ホームページ
[PR]
by with_one_accord | 2015-04-28 22:15 | 作品情報
f0199899_22134517.jpg


This Is This/X-LDK
大阪のカオティックロックバンドThis Is Thisの1曲入りデモ音源!ヒリヒリとしたギターに躍動的なリズム展開、曇りがかったボーカルから海外の激情、オルタナバンドの影響を多分に感じることができ、現在の大阪ではなかなか特異な音楽性と言えるのではないでしょうか。sleepytime trio、初期ENGINE DOWNなどのLOVITTバンド的不協サウンドをさらに尖らせたような、また個人的にはshellac、RAPEMANあたりのアルビニ関連バンドに近い渇いた質感もあるかと思います。それらがそのまま形にされているのではなく少しずつブレンドされ独自のスタイルで鳴らされているところにセンスを感じると共に、何よりライブが爆音で激しくプレイされている点がグレイト!少し前まで数年間活動を休止していた中、ようやく再開。おそらく近いうちに新たな音源がリリースされるはずなので、それまでにチェック必至!
my space
ライブ映像
[PR]
by with_one_accord | 2015-04-28 22:14 | 作品情報
f0199899_22101187.jpg


my letter/2nd demo
京都の男女混合インディーロックmy letter待望の2ndデモ音源!前作デモの反響も大きく、元々広かった活動の幅をさらに広げ、スタジオライブからボロフェスタ、オルタナロックからパンクのイベントまでフットワーク軽く出演、京都インディーロックの新たな顔としてポジションを確立した感もあり。インディーOLドラマーキャシーたん、ゆるふわ社畜ベーシストオザワさんという鉄壁の女子リズム隊、宇治が生んだリフ神でありボーカルも担当するキヌガサ氏、そして確変を待ち続けるエモーショナルギタリストパチプロさん、と各メンバーのキャラ立ちもいつの間にやら抜群に。ライブではずっとセットリストの中心に君臨している名曲「もうひとつの10月に」、そして今年頭頃から披露され始め、鍵盤が大胆に導入された新境地的楽曲「今日はもう眠ろう」の2曲を収録!これは今後の活動もますます楽しみ、というタイミングでパチプロさんがまさかの脱退表明。パチプロファンとしてはあまりにもさびしいですが、my letterは新体制での活動が進められ、すでに録音された新音源も完成されるようなのでものすごく期待しましょう。
my space
ライブ映像
ホームページ

[PR]
by with_one_accord | 2015-04-28 22:10 | 作品情報
f0199899_2282592.jpg


AS MEIAS/AS MEIAS Ⅲ
今年解散してしまったAS MEIASのラストシングルCD。ex.BLUEBEARD高橋氏、現Z、ex.THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUTの魚頭氏、ex.NAHT羽田氏、現DAIEI-SPRAY、ex.KULAREの塚本氏の4人が在籍。惜しくも塚本氏の脱退を期に解散が決まってしまいましたが最後に完成された魚頭氏作曲の「●▲■」を1曲収録。ライブでも反響を呼んでいた初の日本語詞曲であり、本来ならばこの曲を残し他の曲はライブで封印する予定だったようで、AS MEIASのまた新たな一面が現れた楽曲になっています。完成系というよりはここからさらに発展していくような可能性を感じるだけに解散は残念ですがメンバー各々の今後の活動はやはり楽しみであります。
myspace
ホームページ
[PR]
by with_one_accord | 2015-04-28 22:08 | 作品情報
f0199899_226357.jpg


SIRMO STAD/"call/行方"
解散から6年の歳月を経て、先日活動を再開!京都のSIRMO STADが復活に合わせて制作したニュー音源!ex.zdzis lawのドラムであり、現在CYBERNEにてツインドラムの一角を担う谷氏、そしてex.LOW-PASSのガチエモギタリストであり、また弾き語りソロアーティストとして京都を中心に活動するアベフミヒコ氏がボーカルを務めるスリーピースバンド。ギター、ベース、ドラムそれぞれがそれぞれを引き立てながらやさしく穏やかに交わり、静かに淡々と歌いながらも内に確かな熱量を秘めたアベフミヒコ氏の透明感溢れるボーカルによって一気に世界観に引き込まれてしまう。個人的には谷さんはzdzis lawでの爆裂ドラミング、アベさんはLOW-PASSにて激エモギターを弾く姿の印象が強かったのでこんな原点があったことに驚きましたが、これほど素晴らしいバンドが解散していたなんてもったいない!そして活動再開最高!と瞬時に思える内容となってます。また1つ京都のロックシーンを支えるバンドが登場したのではないでしょうか。2曲収録。
soundcloud
ライブ映像
[PR]
by with_one_accord | 2015-04-28 22:06 | 作品情報
f0199899_2213719.jpg


HALAS pauses in the dark of hope./HALHAS
北九州を中心に活動する2ピースインストドライビングパンク、HALAS pauses in the dark of hope.初の音源!ex.holdenのメンバーで構成されるこのバンド、北九州らしい激エモロックサウンドを展開していたholdenの後、どんな音楽性が披露されているのかというとなんとギター、ドラムという2人体制のインストゥルメンタルロック。Don Caballero、sleeping people、Tera Melosなどのマスロックを基調にリズム展開はより力強く、ドライブ感全開に、そしてholdenから継承される激エモロッキンギターフレーズが交わることで、インストながら紛れもなく汗臭い九州の音が完成されています。楽曲の長さもどれも3分台以内であり、曲によっては高速2ビートで疾走する展開もあり、ポストロック、マスロックと呼ぶにはあまりにも顕著な肉体性と熱量。あえてインストパンクと形容したい!音源のミックスなどを手がけたのはholdenのデモに続き至高のエンジニアハマサキ氏。計6曲収録。
soundcloud
映像
ライブ映像(ドラムはサポートでslydingmanのダイスケさん!)
ホームページ
[PR]
by with_one_accord | 2015-04-28 22:02 | 作品情報
f0199899_21594683.jpg


BANGERS&WHAT-A-NIGHT'S/SPLIT
イギリスのBANGERSと徳島のWHAT-ANIHGT'Sのスプリット7インチ!ふくよかなギターの歪みとしゃがれたボーカルが非常にUSメロディックらしい音ですが実態は英国紳士パンク!1STアルバムが好評であったイギリスのBANGERSはLATTERMAN、RVIVRライクなアグレッシブメロディックであり、そしてイギリスバンドであることを意識するとほんのりLETHERFACEチックな哀愁メロディも聴くことができます。一方日本のWHAT-A-NIGHT'Sはアルバムの勢いそのままの胸キュン疾走メロディックソング!ex.I EXCUSE西川氏の超絶ギターフレーズはピロりまくり、そしてスポ氏の胸キュンメロディはさらにさらに神懸かった素晴らしい2曲を収録。アルバムで惹かれた人には間違いなしでしょう。snuffy smilesとdrunkensailorのスプリットリリース!!
bandcamp
BANGERSライブ映像
WHAT-A-NIGHT'Sライブ映像
[PR]
by with_one_accord | 2015-04-28 22:00 | 作品情報
f0199899_21574892.jpg


AKKA/5 SONGS EP
四国にて活動する4人組ガールズアナーコクラストパンク、AKKAの単独7インチEP!ボーカルが女性、というハードコアバンドは稀にいますがAKKAはなんとメンバー4人全員が女性。高知、愛媛などを中心に活動、四国のローカルハードコアシーンにおいて強烈な個性を放つ存在であり、今作が初の正式単独音源のようです。バリバリに歪んだギターは鳴りまくり、直線的な高速ビートに乗せてブルータルボイスを絞り出す。天を見上げながら喉を潰すように歌い叫ぶボーカル、ひたすらストイックに爆音をかき鳴らす楽器隊の佇まいは最高にクール!ただ激しいだけでなく随所にセンスフルな展開の妙を感じる5曲収録。レコーディングは高知のハードコアパンク総本山カオティックノイズにて、リリースは東京のHARDCORE SURVIVESより。
youtubeのライブ映像

[PR]
by with_one_accord | 2015-04-28 21:58 | 作品情報
f0199899_21561330.jpg


birth/イシヨ
山梨を中心に活動するスリーピース激情ハードコアバンド、birth初の正式音源。iro ep、mistake of pain and three pieces of compulsory educationに続き、さらに完成度を高めた今作。これまでの緊張感溢れる楽曲の中で、より歌の存在感が増し、激しさと不協和音をひたすらわかりやすくメロディアスなフレーズ、叫びで畳みかける。the caution children、the black heart rebellionとのジャパンツアー、地元山梨での自主企画など、フットワーク軽く勢力的な活動を続けていた中での活動休止期間を挟み、ようやくのまとまった音源発表。会場限定で発売され即完売したデモテープ「キョウイクノセイカ」も含む計6曲収録。LOVEtheFATE recordsより。
my space
[PR]
by with_one_accord | 2015-04-28 21:56 | 作品情報