キリエ/this diary ends here

f0199899_17373884.jpg

キリエ/this diary ends here
¥500


京都のメロディックパンクトリオ、キリエの2nd音源がついに入荷! 前作で顕著に見られたthe tigers譲りの疾走感はそのままに、この音源では彼らが独自の音楽性をグッと手繰り寄せたような印象を受けます。
特徴であった荒々しく、前のめりに突っ走るような展開だけでなく、初期~中期にかけてのget up kids、Texas is the reasonのようなダイナミックなグルーヴ、またもの悲しく、繊細なコード感はbufferins、Dignity for allあたりの札幌バンドからの影響も想起させられ、松岡くんが歌うメロディもよりサッドにパワーアップ、さらに今作からはツインボーカルとなったコーラスワークにも注目!

歳が近いということもあって今自分が最も刺激を受けるバンドであり、とにかくほんとにライブがかっこいいバンドだと個人的に思うので、是非ともこの音源を買って、そしてライブへ足を運んでいただきたい!!
計5曲入り。April showersオノディラくんが作成したジャケットもサッドでとてもグッド!


Myspace
by with_one_accord | 2010-11-28 17:51 | 作品情報